本文へスキップ


施設運営についてmanagement


家庭的養護推進計画として

  • 施設の小規模化・地域分散化・高機能化を目指し、2015年度から5年刻みで2030年度までの目標区分を策定し、その実現に向けて努力していきます。また、施設整備にかかる補助等に関して県にも要望事項として働きかけていきます。
  • ・2020年度まで
    里親支援専門相談員を配置し、里親さんへの協力体制の整備を目指します。
    地域の子育て家庭や子どもたちへの健全な成長に関して積極的な役割を果たしていくために、児童家庭支援センターの設置を目指します。
  • ・2030年度まで
    本体施設の老朽化が進んでおり、ユニット制を軸とした建て替えも視野に入れた取り組みが必要になってきております。
    上記の本体施設小規模化実現を目指し、子どもにとってよりよい住環境を提供できるよう、全員で検討していきます。また、自己財源確保のために経費節減やその他のことについて取り組みます。
     

福祉サービス第三者評価の受審

福祉サービスの評価に関しては、自己評価と第三者による評価によって客観性を高めていく必要性があります。昨年度受審した「福祉サービス第三者評価」の結果をもとに支援体制を振り返り、よりよい支援を提供します。
第三者評価の結果はここをクリックしてください。

サービスに関する事故防止活動について(リスクマネジメント)

子どもたちの「安全・安心」が保障されていることが質の高いサービスに繋がるとの考えから、福祉サービス事故防止対策委員会を開催し、各部会からの情報提供、ヒヤリハット報告、振り返り報告、ファインド報告を確認検証し事故防止に努めています。

サービス・業務に関する改善活動について(福祉QC)

この活動は、明るい職場作りを目指し組織としての目標の達成と能力の集結に狙いを置いています。勤務年数にとらわれず、各々が活発な提案ができる場を構築し、情報・価値観の共有化が実現することで職員個々の資質の向上が期待されます。これが子どもたちの満足度の向上と安心した生活を送ることができることに繋がると考えています。

サービスに関する苦情解決について

苦情への適切な対応により、福祉 サービスに対する子どもたちの満足感を高めること、早急な虐待防止対策が講じられ、個人の権利を擁護するとともに、子どもたちがサービスを適切に利用する ことができるよう支援するものです。苦情解決責任者を園長がつとめ、園長補佐が苦情受付担当をし毎週1回苦情の有無を確認しています。施設内に苦情箱が設置されており、子どもたちがいつでも意見・要望・苦情を出せるようになっています。また第三者委員を、法人役員や地域・保護者会代表の皆様にお願いしております。

第三者委員 
 成田 誠  県北報公会監事
 宇佐美 慧  小猿部・沢口地区代表
 長岐 悦子  小猿部・沢口地区代表
 大野 広四郎  吉野保護者会
 小野寺 均  吉野保護者会
敬称略

2015年度に寄せられた苦情及び要望について


掲載までしばらくお待ちください

苦   情  
苦情1
対応



要  望
要望1
対応


information

児童養護施設
      陽清学園

〒018-3452
秋田県北秋田市
 七日市字家向46-1
TEL 0186-66-2104
FAX 0186-66-2807